紙焼き写真のままで保存する場合

アルバム選びは大切!紫外線を防ぐフィルムが使用されているのかをチェック

湿気は大敵!湿らせない工夫と湿気の取り除き方

特別な一枚のために!このようなフォトフレームはいかが?

データ化する方法

最近では写真はすべてデータ化するのが一般的です。しかし中にはデジタルカメラで撮ったもの以外の写真もデータ化したいと考えている人は少なくありません。そこで紙焼き写真をデータ化する方法や、加えて機械に疎い人のために業者の選び方についても触れておきます。

意外と簡単!スマートフォンで紙焼き写真を取り込む方法

アルバムやフォトスタンドに入れっぱなしの写真はありませんか?昔のフィルムで撮った写真や他の人からもらった写真などは、手元に写真データがない場合が多いです。紙にプリントした写真しかない場合には、なる…

» Read more

これで失敗知らず??スキャンして写真をデータ化しましょう

紙焼き写真や証明写真はどのように保管しているでしょうか。多くの方がアルバムに貼っておくか、どこか指定の場所にとっておくかと思います。しかし経年劣化により写真の色が薄れてしまったり、災害時に消失して…

» Read more

フォトブックで思い出の写真を残そう

フォトブックでは、思い出の写真をアルバム形式で残すことが出来ます。自分の好きなデザインで記念の写真を残しましょう。

最終手段??良い業者の選び方

バックアップを取っておこう

写真は、かつてはフィルムで撮影し、焼きまわしの際はネガを使っていました。今はデジタルカメラの時代ということもあり写真店に行かなくても、いつでも画面で閲覧したり、プリンタで印刷してたりと様々な楽しみ方ができる時代です。撮影した写真の中からお気に入りのものを印刷している人も多くなっていますが、多くの人はデータのままハードディスクなどで保存しています。こうした方法なら莫大なデータもコンパクトに保管ができ、持ち運びも便利です。とはいえ、ハードの故障ですべての写真が突然消えてしまうリスクもあります。もしもに備えて大切な写真データはバックアップを取っておきましょう。最近はネット上に保管する人も増えていますが、この方法ならもしもパソコンやデジタルカメラが故障した場合もネット上に写真データが残るので安心です。

紙の写真をデータ化する

デジタルカメラで撮影したものだけではなく、かつてフィルムで撮影した写真もデータ化しておきたいという人も少なくありません。データに残す方法としては、スキャナを使いデータ化させることがあげられます。とはいえ、多くの写真がある場合はかなり時間も手間も掛かります。多くの写真をデータ化するのであれば、写真店に依頼することもおすすめです。写真店ではデータ化に対応しているお店もあり、持ち込んだ紙の写真をデータ化し、DVDなどに保存してくれます。近くにお店がないという場合もインターネットで受け付けているお店もありますので、調べてみましょう。業者ごとに一枚あたりの価格や、納期は違いますので依頼する前には良く比較しておきたいところです。

© Copyright Save Your Photos From Disappearing. All Rights Reserved.